英語ができるようになるために

>

英語ばかりにならない工夫

日本で生きていくために欠かせない

確かに日本は国際化が進んでいると言われます。
ですから、将来活躍できる人間になるよう子どもに英語教育をする親がたくさんいるでしょう。
しかし英語ばかりを勉強していると、子供は日本語を学習できません。
大きくなっても、日本語がわからない人間に成長する可能性があります。
きちんと日本語も、覚えさせなければいけません。

日本語なら親が教えられるはずです。
正しい日本語を覚えないと、大きくなってから周囲に迷惑を掛けてしまうかもしれません。
英語を勉強しすぎないで、日本語を学ぶ時間も確保してください。
日本語が乱れていると、周囲から信頼されません。
例え英語ができても、将来活躍できる人間にはならないでしょう。
日本語にも力を入れてください。

子供が混乱してしまう

1日にたくさんのことを学習すると、子供の脳が混乱します。
結局習ったことを全て忘れてしまうかもしれないので、一気に勉強させることは控えてください。
特に英語と日本語を学んでいる時は、少しずつ勉強するのが良い方法です。
勉強する時間を決めると良いですね。
その時間だけ集中するように意識すれば、きちんと勉強したことが自分の知識になります。

子供に早く英語や日本語を覚えさせたいかもしれませんが、焦らないでください。
焦ると、子供がプレッシャーを感じることがあります。
プレッシャーを与えないで勉強させることで、子供は積極的に学習してくれると思います。
疲れているようだったら、少し休むなど時と場合に応じて対応してください。


このコラムをシェアする