英語ができるようになるために

英語の早期教育の落とし穴について

親も学習に参加すること

大人になってから、英語を学んでも知識を吸収するまでに時間が掛かります。
効率よく勉強するためには、幼児の頃から勉強を開始するのが良い方法だと言われています。
ですから、英語を早期教育させる親が増えています。
スクールに通わせると、講師が授業をしてくれます。
しかしそれは、子供と一緒にいられる時間が短くなるということに繋がります。
幼い頃に子供と接する時間が短くなると、情緒不安定になるなどのデメリットがあります。
なるべく、親も学習に参加してください。

また、英語を勉強することに集中しすぎて、日本語が疎かになる子供が見られます。
日本で暮らしていくのであれば、まず日本語がきちんとできていないといけません。
英語と日本語の両方を学ぶことを意識してさせてください。
スクールで英語を使って、自宅で日本語を使っていると子供がどちらを使えば良いのかわからず混乱することもあります。
親も積極的に英語を使うと良いですね。

スクールに通っていても、やはり復習しないと英語を忘れてしまいます。
これまで習ったことが無駄になるので、復習する習慣を子供に身に付けさせてください。
スクールに通っていれば大丈夫だと、安心するのはやめてください。
予習をするのも良いですね。
次回の授業の予習をすれば、わからないところが発覚します。
授業で講師にわからないところを質問すれば、疑問をすぐに解決できるので知識になります。
効率の良い勉強が可能になるでしょう。

おすすめリンク